セミナー・講習会

トップページ > セミナー・講習会 > コーティング上からのタンク底部板厚測定講習会

コーティング上からタンク底部の板厚を測定する測定者に対する講習会

 特定タンクの内部点検等を実施する際には、タンク底部の板厚が消防法令上の基準に適合していることの確認が必要とされています。
 当協会では、コーティングのない状態で測定した結果と同等の精度で、コーティング上から定点測定が出来る超音波厚さ計の試験確認及び測定者に対する講習を昭和63年から実施してきましたが、その後、超音波探傷法を用いたコーティング上からの連続板厚測定方法が開発されました。 当該測定方法のタンクのアニュラ板、底板への適用においては、自主検査時も含め、装置の性能確認、測定者が一定の技能を有することが不可欠となり、当協会では当該測定方法による装置の性能評価を平成14年から実施するとともに、平成15年からは超音波連続板厚測定のために必要な知識を習得するための講習会(初回講習)を開催しています。
 本講習会は、コーティングの基礎知識、厚さ測定(超音波法、電磁気法)、連続板厚測定方法等の説明の他、機器を用いた実技実習をとおしてコーティング上からの厚さ測定に必要な知識、技術を習得し、十分な理解を深めていただくことを趣旨として開催しています。

 なお、初回講習受講後、5年を経過した方を対象に再講習会を開催しています。

H30年度の講習会日程等詳細につきましては12月頃に案内予定です

初回(3日コース)講習
開催日
開催場所
平成31年2月予定
東京会場 危険物保安技術協会

平成31年3月予定
大阪会場 (一財)電子科学研究所
受講対象者 屋外タンク貯蔵所のタンク底部板厚測定に関係する事業所、関係機関等の方
受講定員 24名程度
講習内容 コーティングの基礎知識、厚さ測定(超音波法、電磁気法)、連続板厚測定方法等の説明の他、機器を用いた実技実習
受講料 66,960円 (消費税込み)
再講習
開催日
開催場所
平成31年2月予定
東京会場 危険物保安技術協会

平成31年3月予定
大阪会場 (一財)電子科学研究所
受講対象者 初回講習を受講された方又は再講習を受講された方 (原則として有効期限が平成30年3月31日の方を対象としています。)
受講定員 50名程度
講習内容 電磁気による板厚測定装置を用いたコーティング上からの厚さ測定及び超音波等によ る連続板厚測定など
受講料 24,840円 (消費税込み)
イメージ

講習会メニューへ