業務説明

トップページ > 業務説明 > 危険物等確認試験・登録確認書交付 > 危険物等確認試験は利点はあるの?

危険物等確認試験・登録確認書交付

危険物等確認試験は利点はあるの?

(1) 提出書類が簡素化できます。
     危険物施設に係る許可申請、危険物の種類・数量変更の届出等の際に危険
   物の判定を受けるための消防機関に提出する書類として「データベース登録確
   認書」(当協会発行)を用いれば、各地域の消防機関による判定が不要となり、
   当該物品に係る確認試験の結果を提出する必要はなく、事務処理の迅速化が
   期待されます。

(2) 企業秘密の保持に役立ちます。
     製造業者又は輸入業者が登録した物品の「データベース登録確認書」を当該
   物品を取り扱うユーザーに配布することにより、詳しい成分等が記入されている
   確認試験の結果を渡す必要がなくなり企業の秘密が守られます。
     また、消防庁の危険物データベースへの登録時に第三者に対し交付不可と
   選択された場合は「データベース登録確認書」を交付しません。

(3) 重複試験が不要になります。
     製造業者又は輸入業者が登録した物品の「データベース登録確認書」を当該
   物品を取り扱うユーザーに配布することにより、ユーザーは当該物品の危険物
   としての性状を確認できるとともに、消防機関への必要な手続きが行えることか
   ら、各ユーザーが改めて試験を行う必要がありません。

« 戻る